シエニパンのホームページへようこそ

販売ページで「色が選べます」と紹介している商品だけではなく、その他の商品でも対応できる場合がございますので詳しくはお問い合わせください。
色の横にある「Hamanaka」「clover」は使用している羊毛のメーカーと使用している羊毛の品番です。実際の色の参考にしてください。

親分肌のアカニパン。それゆえすぐに気前よくおごっちゃうが「おあいそ」という言葉が気恥ずかしくて使えない。
アメリカに憧れてる理由はアメリカには肩こりという概念がないということを聞いて。
料理中の口癖は「蜂のごとく煮えたもう」

神秘的などといわれ本人も自覚してるが一方でお見合いつき福袋の存在が少し気になっていたりもする。
ビューティー系のマストという理由のみでもこもこの犬を飼おうか検討中。
口ぐせは「かましよる」

かわいがられタイプではあるが好きな歌は中島みゆきの「時代」。
朝は「いいかげん起きるか、それとも起きざるか」との自問自答を繰り返し、結果午後といわれる時間帯から活動を開始する。
雷が鳴ると空気イスの体勢で固まる。

大人の辛さ・ジャワカレー辛口を牛乳でマイルドにする特技を持つ。
「なんとかなるさ」と言うとニコニコするが「ケセラセラ」と言うと絵に描いたようにドイヒーな嫌な顔をする。
愛読書は「美的」。美容室でしか読まない。

好きな飲み物は卵かけごはん。
セーターが後ろ前でも気にしないむしろ脱ぐまで気づかないおおらかな性格。
すぐにどじょうを捕まえて服に入れようとするがなんとなく憎めないのがキイロパン。
毎年初冬に行われる「こたつ点灯式」のスケールは圧巻のひとこと。

着信音はマックのポテトが揚がったときに「ぴろり、ぴろり、」。色的に似てるのでチャームポイントだと思う。
「神輿で担ぎ上げたい」が口ぐせ。
年末年始に飛び込んでくるサプライズゴシップが楽しみ。

自分に何かあったらミスド葬にしてくれと常々言っている。そのためのこの色だ、とも。
キノオレンジの前の座席に座るとリクライニングを足でストップされるが、その他に関してはおおらかで優しいので嫌われずに済んでる模様。
顔面にとろけるチーズがはりつく夢をよく見る。

いつかタモリの家でカレーを食べることを目標に生きてるキノージュ。
カリスマママという言葉をみるとまばたきが多くなる。
パンが好きであの祭りがあるから無論春が一番好きだし、あわよくばファブリーズ焼きたてパンの香りの発売も待っている。

好きなイベントは切ない歌ばかりをカラオケで歌う「せつナイト」。故によくキノミックスと歌いに出かける。
おなかがすいたら舘ひろしのような腹の音が鳴る。
口ぐせは「わっしょい、わっしょい、」

試食で呼び止められると必ず買わないと去れない性格なので試食コーナーは避けているがわらびもちの試食だけはどうしても避けられない。
「なんで一番お金のないときがクリスマスなんだろう…」という言葉に感銘を受ける。
パフォーマーに憧れているがなかなかどうしてどんくさい。

おっとりした性格で4回に1回は「お客様!おしなものお忘れです!」と言われる。
カラオケで「Yeah」や「Woo」の部分が恥ずかしくて言えない。ラップの部分も歌えない。
座右の銘は「毎日がメリークリスマス」。
ゆえにアカニパンとつるんでるとテンションがこころもちあがってる 。

青ティームの末っ子。
上3人(3キノパン)の話を聞いて、しかるべきタイミングで「いささかこういうフローですぞ!」と合いの手を打つ係。
おまんじゅうみたいな犬を飼いたいと思ってる。

青ティームでは「お米がたけたぞー!」と言う係。
餅もつけるホームベーカリーが欲しくてどんぐりを拾う日々。そして10日に1回「どんぐりじゃ無理だ」と言って捨てる。を5年続けている。
北風を感じると「ピープー」と口にだして言ってしまう。

青ティームでは風邪の状態を野球で例える担当。
夏にはTUBE、冬には広瀬香美を聴くという素直な性格の持ち主。
憧れの職業は鷹匠。昨年青ティームメンバーから鷹匠の笛をプレゼントされて嬉しさのあまり椅子から転倒。鷹を受ける右腕を骨折した。道は険しい。

青ティームの頭脳班。
常に沈着冷静で、それは自転車の前輪が突然外れたときも全く慌てなかったほど。顔面は血まみれでもなお。
好きな言葉は「放送席、放送席、」